子供の病気について

子供の病気は、大人の病気との違いが多々あります。特に「小児科」というものが設けられていることからもわかるように、種類や症状などにおいて、それだけ子供の心身は大人のそれとは違うのです。子供の病気に関しては、特に言葉で症状を訴えることができない乳児の場合は注意が必要です。また、現在の日本では、15歳までを小児科で扱っていますが、言葉が話せる子供でも、やはり就学前後の子供の場合は、言葉でうまく症状を伝えられないことが多いので、保護者は子供の病気には細心の注意を払うべきでしょう。とはいえ、多くの場合は、子供が必ずかかるような病気ですから、いたずらに不安になったり慌てたりせず、正しい知識を持って落ち着いて対処したいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28868900

この記事へのトラックバック

人生の保証
Excerpt: こんにちは、管理人です。 今、おずさんのメールマガジンが届きま...
Weblog: 幸せの見つけ方
Tracked: 2006-12-13 13:34

記4th
Excerpt:  ここ数日、寝ようとすると海外サッカーのことが頭を占めるようになり、布団にくるまりながら毎晩のようにサッカー選手の名前を思い出そうと必死の格闘を始めるため寝付きがとても悪くなりました。そんなものは毎度..
Weblog: 記4
Tracked: 2006-12-13 15:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。