夜間保育に対応した施設とは

働く親にとって、保育のための施設の中でも、夜間に子供を預かってくれるところを探すのは、なかなか困難です。夜間の保育に対応した施設には、どんな種類があるのでしょうか?

まず、厚生労働省の認可を受けている施設に、「夜間保育所」があります。ここでは、午後10時までの延長保育に対応していますので、大変便利でしょう。次に国や市町村等の認可を受けていない「認可外保育施設」の中では、ベビーホテルがあります。 ベビーホテルの多くは、夜間保育・休日預かり・宿泊等にも対応していますので必要に応じて有効利用しましょう。また、高額なので誰でも利用できるわけではありませんが、ベビーシッターに依頼するというのも一つの方法でしょう。

働く親のための夜間保育を行っている施設やサービスと一口に言っても、利用料金や条件、保育環境や保育方針などに大きな違いがあります。 親が安心して子供を預けることができるかどうかは、施設やサービス内容を自分の目でよく確認し、慎重に選ぶことが大切です。

夜間保育を行う施設やサービス

現在、夜間に子供を預かってくれる施設は、そう多くありません。保育のための施設には、保育園や幼稚園などがありますが、夜間に子供を預かってくれる施設となるとあまりありません。

働く親にはうれしい夜間保育を行っている施設の一つに、ベビーホテルがありますが、 ベビーホテルは認可外保育施設で、夜間や休日預かり、宿泊に対応している所もあります。
また、夜間保育のサービスを行っている施設の中で、厚生労働省の認可を受けているものには、「夜間保育所」があります。夜間保育所では、午後10時までの延長保育に対応しています。 それでも条件に合う夜間保育サービスが受けられる施設が見つからない場合には、ベビーシッターや、ファミリー・サポート・センター、子育て支援NPOなどに依頼するという方法もあります。

最近はさまざまな仕事のスタイルに合わせて、親の勤務形態、勤務時間、労働環境も変わってきています。働く親のための夜間保育サービスを行う施設へのニーズは、今後も高まっていくのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。