家庭保育福祉員(保育ママ)とは

保育施設を探しているが、近くに保育所がないなど、共働きの家庭にとって、条件に合った保育施設を探すのは、なかなか労力のいる事です。更に保育園に空きがない、乳児の受け入れは不可、年度途中での受け入れては不可、預かり時間が合わない等々、状況はさまざまです。

そこで、国が2000年から始めた補助制度をきっかけに、昼間働く親に代わって乳幼児を保育するという「家庭保育福祉員(家庭福祉員)」、いわゆる「保育ママ」の制度が、市区町村に導入されるようになりました。家庭保育福祉員(保育ママ)は、家庭的な雰囲気の環境で、他の子供を、自分の子供のように保育します。家庭保育福祉員は、保育士などの資格を持っている等の一定の条件を満たしていて、各市区町村で認定された人がなることができます。

家庭内での保育について

家庭保育とは、保育の中でも、幼児が生まれ育った家庭で、両親等の家族によって育てられることを指します。最近では、親が先生となって自分の子を保育・教育する「家庭保育園」と呼ばれる保育教材に人気が集まっています。家庭内での保育の方法によって、優秀な子供が育つという触れ込みとともに、さまざまなものが販売されています。英才教育の一環と呼んでもいいかもしれません。

家庭保育園には、ビッテ式、七田式などがあります。ビッテ式家庭保育園は、父の熱心な家庭での保育により、8歳で6ヶ国語をマスター、9歳で大学入学、16歳で大学教授に就任したという天才児、カール・ビッテを生んだ保育法として知られています。しかし、家庭での保育が良い結果を生むかどうかは、親の努力や資質によるところが大きいと言われています。家庭での保育において重要なことは、保育用の教材に頼らず、親が、自分自身を高めつつ、愛情を持って子供を育てていくことが重要なのではないでしょうか。
タグ:子供 教育 保育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。