保育園と幼稚園カテゴリの記事一覧

保育園と幼稚園の違いについて

保育・幼児教育のための施設には、保育園(保育所)と幼稚園がありますが、「保育園と幼稚園、どっちいいのかな?」と、お悩みの方は少なくないと思います。

保育園幼稚園の違いとはどこにあるのでしょうか?

一般に、保育園とは親が働いていて保育できない場合などに、乳幼児を預けることのできる施設です。保育園に入園できる年齢は、幼稚園よりも低く、0歳から受け入れている施設もあります。保育料は、親の所得や子の年齢により、多少違いがあります。保育時間については、親が働いている時間をカバーできるように、幼稚園より長めに設定されています。

一方、幼稚園の多くは3歳からしか入園できません。日常生活の補助的役割を中心とした保育園に比べて、「教育の場」というニュアンスが濃くなります。預かり時間は比較的短く、9時から14時までが一般的です。園の方針によって多少保育内容に違いはあります。保育料は、公立幼稚園か私立幼稚園かによって、大きな差があります。

行政的に見ると、幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省が所管であって、基づく法令も違っています。保育園では保育士、幼稚園では幼稚園教諭が保育や指導に当たるという点も、保育園と幼稚園の違いの一つでしょう。

しかし、近年の少子化の影響でしょうか、それぞれの園児受入の条件や施設の機能において、境界が曖昧になってきていました。保育園と幼稚園の違いがはっきりしなくらってきています。そこで、少子化対策の一環として、子育て支援のために成立したのが、「認定子ども園」法案です。これは、保育所と幼稚園を、総合施設として一貫させるといった内容で、国会で可決されて成立し、2006年10月からスタートすることになっています。今後は幼稚園や保育園の双方の機能を一体化した「認定こども園」なる総合施設として、移行していくことになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。