インフルエンザの危険性

インフルエンザは普通の風邪に比べて症状が重いです。多くの方はインフルエンザと風邪はまったく別だということはご存知だと思います。インフルエンザは、インフルエンザウイルスという特定のウイルス感染によって引き起こされる感染症で、ウイルスの型によりA型とかB型とか呼ばれ、細菌の流入経路によってロシア型とか香港型とか呼ばれます。インフルエンザは特に小さなお子さん、あるいは呼吸器系が弱い方がインフルエンザウイルスに感染すると細菌の二次感染による肺炎・気管支炎などの合併症を併発する事もあり、ごく稀ですが小さな子供がインフルエンザに感染するとインフルエンザ脳症という病気になる危険もあります。また、インフルエンザワクチンはインフルエンザウイルスの増殖にふ化鶏卵を使用しているため、わずかながら卵の成分が残っていることがあります。最近はインフルエンザワクチン精製法の精度が高くなってきましたが、卵アレルギーがあるお子さんなどは予防接種を受ける際、念のため医師に相談するほうが良いでしょう。

子供の病気への対処

子供が病気になると、大人と比べて体力的にも弱く、症状などの意思表示もうまくできないので、保護者は何かと不安なものです。子供の病気の中には、子供ならだれもがかかるようなものも多いです。保護者が正しい知識で接すれば、家庭で対処できることも多いですし、たとえ家庭で対処できなくても、医師に見せる前にすべき措置をしっかり心得ておけば、その後の子供の回復の大きな助けになります。親としては、子供の病気については、日頃からよく勉強しておきたいものです。子供の病気の多くは家庭で対処できるとはいえ、命にかかわる病気になることがないとも限りません。子供の様子が明らかにおかしいときや、自分の知識だけでは対処できないと感じたときは、素直にかかりつけの医師に相談した方がいいでしょう。
タグ:子供 病気

子供の病気について

子供の病気は、大人の病気との違いが多々あります。特に「小児科」というものが設けられていることからもわかるように、種類や症状などにおいて、それだけ子供の心身は大人のそれとは違うのです。子供の病気に関しては、特に言葉で症状を訴えることができない乳児の場合は注意が必要です。また、現在の日本では、15歳までを小児科で扱っていますが、言葉が話せる子供でも、やはり就学前後の子供の場合は、言葉でうまく症状を伝えられないことが多いので、保護者は子供の病気には細心の注意を払うべきでしょう。とはいえ、多くの場合は、子供が必ずかかるような病気ですから、いたずらに不安になったり慌てたりせず、正しい知識を持って落ち着いて対処したいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。