育児休業カテゴリの記事一覧

育児休業の請求

働く親が育児休暇を申請するにあたり「子供が生まれたから育児休業を取りたいけど、うちの会社に育児休業制度なんてあったかな?」「育児休業なんて請求したらクビになるのでは?」子供を持つ人たちが育児休業の請求をためらう気持ちはよく分かります。しかし、育児休業は、子供を持つ人なら、男女関係なく、誰でも請求することのできる当然の権利なのです。育児休業はすべての労働者に法律によって等しく認められた権利ですから、育児休業が理由の解雇や、その他の不利益な扱いというのは当然認められません。育児休業に対しては、「うちには育児休業はない」と言っている企業も見受けられますが、これは明らかに法律違反です。仮に育児休業が認められなかったり、育児休業の申請によって解雇や嫌がらせなどの不具合が生じた場合、又は生じそうな場合は、都道府県労働局雇用均等室に相談することをお勧めします。

育児休業について

子供を持つ親にとって、子供が小さいうちは、仕事と育児を両立するのは大変です。保育園に預けることが可能だとしても、子供がある年齢に達するまでは子育てに専念したいと思っている人は多いことでしょうし、特に母乳で子供を育てたいと思っている母親ならなおさらです。そこで、育児に専念するために認められている休暇が「育児休業」です。これは法律によって保障されている、労働者が請求できる当然の権利で、1歳未満の子供を養育している人なら男女関係なく誰でも申請し活用することができます。つまり、母親ではなく、父親が育児をしてもいいわけです。また、育児休業は、正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイトの人にも適用されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。