キッズ携帯カテゴリの記事一覧

キッズ携帯導入の注意点

キッズ携帯とは、主に防犯目的で子供に持たせるための携帯電話で、防犯ブザーやGPSなどの防犯機能が付いていて、キッズ携帯の防犯ブザーは、スイッチを入れるとブザーが大音量で鳴ると同時に、登録しておいた保護者の携帯電話にも緊急メッセージが届くなど、使い方によってはとても便利です。また、 GPS機能によって、保護者は自分の携帯電話の画面で子供の居場所を知ることができます。他にも、携帯会社ごとに独自のサービスが用意されています。このようにキッズ携帯は、防犯上大いに役立ってくれる可能性がありますが、その反面、問題もあります。キッズ携帯は、防犯機能が付いていること以外では、普通の携帯電話と機能的にはあまり変わりません。ですから、知らない人からメールが届いたり、有害サイトにアクセスできてしまったり、長電話で電話使用料が高額になったりなど、普通の携帯電話に生じる問題もあります。また、学校によってはキッズ携帯を持ってくることを許可していないこともあります。キッズ携帯を子供に持たせたいと考える場合は、以上の点に留意して、購入の判断材料にしたらよいと思います。

キッズ携帯について

キッズ携帯とは、主に小学生をターゲットにした子ども向けの携帯電話の総称で、元々はNTTドコモの「キッズケータイ」から来ています。その他auでは「ジュニアケータイ」の名称で発売され、ウィルコムなどでも同様の機能のキッズ携帯を取り扱っています。一般の携帯電話とキッズ携帯の違いは、防犯機能が付いていることです。一般的に犯罪に巻き込まれやすいのは社会的弱者ですが、子供も例外ではありません。親としては、やはり子供のことが心配ですから、子供を守るためには出来る限りのことがしたいですよね。キッズ携帯には防犯ブザーやGPS機能などが付いているので、何かあったときにこれらの機能が役に立ってくれます。もちろん普通に通話もできます。子供の安全に特に気を遣う方は、子供にキッズ携帯を持たせることを検討してみたらいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。