眼育って?

眼育(めいく)ってご存知ですか?

眼育という言葉はあまりなじみがないかもしれませんが、近視など視力の低下を食い止め、再び近視になりにくい強い眼を育てる子供向けトレーニングのことです。

現代の子どもは、普段の生活の中でパソコンやテレビゲーム、携帯でメールなどをする機会が多く、眼の機能が衰えていることが多いです。また、視力が悪くなりやすい子どももいます。

小さな子どもに視力回復のトレーニングを続けさせるのはなかなか難しいものですが、眼育は家庭内で簡単にできる視力回復トレーニングで、はじめから子どもを対象に作られているので、子どもが飽きずに続けられるというのがメリットです。

眼育はこれまで、2000件以上の視力回復実績があって、子供に比較的多い仮性近視など軽度の近視には、眼育による視力回復効果はかなり期待できます。

眼育は機械などを使用しないので、小さな子どもと一緒に親子で楽しみながら視力回復トレーニングができます。また、継続的に眼育トレーニングを行うことで、視力回復効果が高まります。

眼育は近視アスレチック教室で実施されていた視力回復トレーニングのことで、眼育を家庭で簡単に出来るように改良されたのが、眼育ingBOXという視力回復トレーニングキットです。

眼育ingBOXは、音声CDから流れる軽快な音楽とガイドに沿って進んでいくので、これでホントに視力が回復するの?と思ってしまうほどですが、視力回復のトレーニングというのを意識せずに、気軽に楽しめるのが魅力です。

眼育トレーニングを続けることで、子供の目はいつのまにか強くなり、視力が回復していきます。また、眼の力がついてますので、子供は近視になりにくい目になっています。

眼育ingBOXは、遊びながらトレーニングするように設計されています。子供にメガネをかけさせる前に、眼育のトレーニングを試してみてはいかがでしょうか?

メガネをかける前にすることがあります。



ピンホールアイマスクの効果的な使い方

1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」

の効果的な使い方は、ピンホールアイマスクをかけて毎日テレビを30〜1時間程度見ることです。また普段の生活をこのアイマスクをしたままおこなうこともおすすめです。さらに効果的なのは目が疲れてくる夕方以降が良いです。

子どもたちの現代社会では、パソコンやテレビ、ゲームなどの機器類、雑誌、新聞、携帯電話のメール、受験勉強など、近距離でものを見続ける時間が長くなっています。そのため、子どもたちの目の筋肉は長時間の緊張状態を続けることになり、硬く硬直してしまうのです。これが近視の大きな原因なのです。

そこで、裸眼やメガネを外して、ピンホールアイマスクをかけてテレビを見たりすることで、目をリラックスさせることができるのです。

具体的には次のような時に使うと効果的です。

・テレビを見るとき
・テレビゲームをするとき
・読書をするとき
・パソコンを使うとき

ただし、視界が狭くなりますから、細かい作業は避けたり、ピンホールアイマスクをしたまま外出しないなどの注意が必要です。

また、ピンホールアイマスクをしてトレーニングを行うことで、視力回復効果が促進されます。視力が落ちるのは、目の毛様体と呼ばれる筋肉が硬くなり、ピント合わせができなくなることが原因です。目の視力回復トレーニングを行うことで徐々に改善していきます。

視力回復トレーニングはピンホールアイマスクを着けて、5秒間、遠くに視点を合わせ、そのあと、ピンホールアイマスクの穴の縁に、いっきに焦点を絞り込み、5秒間集中して見つめるようにします。これは、遠近視力回復法と呼ばれ、一般的に認知されている視力回復トレーニングです。このトレーニングをピンホールアイマスクの左右5つの穴ごとに、繰り返し行います。簡単にできるので、ぜひ実践して欲しいと思います。

1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」

子どもの視力回復法、ピンホールアイマスクについて

子どもの視力の衰えが最近深刻な状況になってきています。文部省の調査によると子どもの視力が1.0未満の割合が小学生で約30%、中学生で50%、高校生では60%を超えているそうです。さらに、メガネが必要とされる「0.3%未満」の子どもは、小学生で約10%、中学生で約20%、高校生で約40%となっています。中学生から視力が低下していることがわかります。

この子供たちの視力の衰えは、やはりテレビとゲームによるところが大きいでしょう。さらに最近は携帯電話のメールやニンテンドーDSやPS3などの携帯ゲーム機も急速に普及しています。こうした環境にいる現代の子どもたちはどんどん視力が低下していくでしょう。特に中学生になり、子どもの身長が急に伸びるころに、近視になる場合が多いようです。

そんな子どもたちに役立つのがこれ

1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」


です。

このピンホールアイマスクは、見た目は普通のアイマスクなのですが、よくみると両方の目の部分に5つの小さな穴があいています。この穴から、外が見えるようになっています。

このピンホールアイマスクは、眼の悪い人がこのアイマスクをかけるだけで、不思議なことに今まで見えなかったのが、よく見えるようになるのです。ピンホールアイマスクをただかければいいだけなのです。

裸眼ではぼやけてしまっていた壁のカレンダーやテレビの字幕などが、はっきり見えるようになります。メガネがないと生活できないという人にとって、このピンホールアイマスクはとても画期的です。

「ピンホールアイマスクはなんで見えるの?」と疑問に感じる方も多いと思います。実は数十年も前から、眼科の世界では「ピンホール現象」といわれる現象は常識といえるものでした。

「ピンホール現象」とは、簡単に説明すると目に入る光を細くすればするほど、ピントを合わせる必要がなくなるということです。

このような原理で、視力の悪い人でも「ピンホールアイマスク」を付けるとよく見えるようになるのです。

ピンホールアイマスクは装着するだけでいいので、副作用などの危険はまったくありません。子どもたちの視力回復方法としてぜひ試してみてはいかがでしょう。

子どもの視力低下は早い段階なら回復させるのはそれほど難しくありません。最近、子どもの視力が悪くなったからといって、安易にメガネをかけたりコンタクトレンズを使用するのはやめましょう。

1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。